ニュース
» 2015年02月06日 09時00分 UPDATE

MEDIX関西:ワンタッチで着脱可能な医療機器用丸形コネクタ、樹脂化で軽量かつ安価に

日本モレックスは、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」において、同社の医療機器向けコネクタ製品群「MediSpec」に2015年春から追加する新開発の丸形コネクタ「MPCコネクターシステム」を参考出展した。

[朴尚洙,MONOist]

 日本モレックスは、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」(2015年2月4〜6日、インテックス大阪)において、同社の医療機器向けコネクタ製品群「MediSpec」に2015年春から追加する新開発の丸形コネクタ「MPCコネクターシステム」を参考出展した。

 MPCコネクターシステムは、医療機器の装置間を接続するケーブルに用いるコネクタで、特徴は2つある。1つは、コネクタのオスとメスを接続する嵌合部の素材に樹脂を採用したことだ。既存の医療機器用の丸形コネクタは嵌合部に金属を用いていることが多い。これに対してMPCコネクターシステムは、樹脂を用いているので軽量であり、価格も抑えられるという。樹脂製ではあるものの、高温高圧のオートクレーブを使った滅菌処理や薬液消毒、ガンマ線処理などにも対応している。

 もう1つの特徴は独自のスライドロック機構の採用である。医療機器用の丸形コネクタは、ケーブルが引っ張られてもコネクタが抜けないよう、ねじ込み式のロック機構を設けていることが多い。「しかし、手術室では医療機器のケーブルをつなぎ変えることが多く、ねじ込み式のロック機構ではつなぎ変えの作業に時間がかかってしまう。MPCコネクターシステムは、独自のスライドロック機構を採用しており、手袋をした状態でもワンタッチで抜き差しできる」(同社)。

sp_150206medix_molex_01.jpgsp_150206medix_molex_02.jpg 「MPCコネクターシステム」の外観(左)。オレンジ色の線で囲んだ部分が独自のスライドロック機構。4品種を用意している(右)(クリックで拡大) 出典:日本モレックス

 端子数が最大8極の「D1」、同17極の「D2」、同35極の「D3」、同59極の「D4」の4品種を用意している。2015年春にまずD2を発売した後、その他の品種を順次投入する計画。D2の仕様は、挿抜回数が1万回で、使用温度範囲は−50〜170℃。嵌合時の異物侵入保護能力はIP64適合(IP67規格適合試験も予定)。

sp_150206medix_molex_03.jpgsp_150206medix_molex_04.jpg 医療向け細線ワイヤー/ケーブル製品も展示した(左)。直径0.02mm以下という細線だけでなく、それらをFPCコネクタにはんだ接続する「Micro Termination技術」も有している(クリックで拡大) 出典:日本モレックス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.