連載
» 2015年02月06日 13時00分 UPDATE

3Dプリンタの可能性を探る(5):Hack&Makeが楽しめるオープンプラットフォームカメラ (1/3)

オリンパスイメージングは、オープンプラットフォームカメラ(OPC)「OLYMPUS AIR A01」を、2015年3月6日から同社オンラインショップ限定で販売すると発表。製品説明会では、3Dデータを活用した“Make”作品が披露された。

[八木沢篤,MONOist]

 オリンパスイメージングは2015年2月5日、オープンプラットフォームカメラ(OPC)「OLYMPUS AIR A01」を、同年3月6日から同社オンラインショップ限定で販売すると発表。同日、ロフトワーク(渋谷)で製品説明会を開催した。

 同製品は、一般的なデジタルカメラ/デジタル一眼レフカメラの用にファインダーや背面液晶などを搭載せず、スマートフォンやタブレット端末との連携を前提としたカメラモジュールである。マイクロフォーサーズ規格のマウントを採用し、同社のミラーレス一眼製品「OM-D」「PEN」の最新モデルと同等のイメージセンサーと画像処理エンジンを搭載する。

 撮影用の専用アプリは、iOSおよびAndroid向けが用意される。本体カラーは、ブラックとホワイトの2色で、販売価格(税別)はボディのみが3万3800円、レンズキットが4万9800円である。

オープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR A01」 画像1 オープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR A01」(ホワイト)
ブラックモデルスマホを使っての撮影スタイル 画像2(左) ブラックモデル/画像3(右) スマホを使っての撮影スタイル ※画像クリックで拡大表示

 詳しいカメラの仕様やアプリ開発による可能性(Hack)は、ITmedia デジカメプラスなどに譲るとし、本稿ではOLYMPUS AIR A01のもう1つの魅力、3Dデータのオープン化による“Make”の話題を中心にお届けする(関連記事:スマホで遊べるマイクロフォーサーズカメラ「OLYMPUS AIR A01」)。

OLYMPUS AIR A01が実現するHackとMake 画像4 OLYMPUS AIR A01が実現するHackとMake
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.