ニュース
» 2015年02月07日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ロボット下部φ700mmの全範囲で動作可能な全方位タイプスカラロボット

ヤマハ発動機は、全方位タイプのスカラロボット「YK350TW」を発売した。天吊設置と±225度の広いアーム旋回角度により、ロボット下部φ700mmの全範囲にアクセスできる。

[MONOist]

 ヤマハ発動機は2015年1月16日、スカラロボット「YK-Xシリーズ」の新製品として、全方位タイプ「YK350TW」を発売した。

 YK350TWは、天吊設置と±225度の広い各アームの旋回角度により、ロボット下部φ700mmの全範囲にアクセスできる。これにより、スペースの有効活用ができ、設備の小型化に貢献できる。

 内部重量バランスの最適化とポイント間の最適経路動作により、同社従来機種と比べてサイクルタイムを20%以上短縮した。繰り返し位置決め精度は、XY軸±0.01mm/Z軸±0.01mm/R軸±0.01度で、高精度の位置決めにより、軽量物の搬送工程や小型部品の組み立て工程で、タクトタイムを短縮可能だ。

 最大可搬質量は、同等の天吊設置スカラロボットでトップクラスという5kgを達成した。

 価格は、ロボットケーブル、ロボットコントローラ「RCX240」とのセット時で179万円(税抜き)。同社では、発売から1年間で、国内外で100台の販売を目指すという。

photo YK-Xシリーズ YK350TW
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.