ニュース
» 2015年02月08日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:ロシアのタイヤ工場で新車装着用タイヤの生産開始

横浜ゴムは、ロシアの乗用車用タイヤ生産販売会社であるLLC ヨコハマR.P.Z.が、新車装着用タイヤ(OEタイヤ)の生産を開始したと発表した。地産地消を推進する日産ロシアの要請に応えたもの。

[MONOist]

 横浜ゴムは2015年1月15日、ロシアの乗用車用タイヤ生産販売会社であるLLC ヨコハマR.P.Z.が、2014年11月に新車装着用タイヤ(OEタイヤ)の生産を開始したと発表した。2014年11月には、日産自動車の現地事業所である日産ロシア製造会社が生産するSUV「エクストレイル」に「GEOLANDAR G91」を、また同年12月には、セダン「ティアナ」に「BluEarth E75」を納入している。

 今回のOEタイヤ生産は、地産地消を推進する日産ロシアの要請に応えたもの。これまでLLC ヨコハマR.P.Z.では市販用タイヤを生産してきたが、その品質の高さが認められた。また、OEタイヤの納入を開始したことで、同社ではロシアにおける「YOKOHAMA」の存在感を高めることができるとしている。

 現在ロシアは、同社にとって世界有数の大市場であるため、継続的な生産能力の増強を進めているという。現在の年間生産能力は、2012年のLLC ヨコハマR.P.Z.操業開始当時の2.3倍にあたる160万本に拡大している。

photo エクストレイルに装着されたGEOLANDAR G91
photo LLC ヨコハマR.P.Z.の乗用車用タイヤ工場

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

タイヤ | ロシア | 工場 | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.