ニュース
» 2015年02月11日 07時00分 UPDATE

FAニュース:周波数帯域DC〜65GHz対応の小型高性能コネクタを発売

日本モレックスは、3.56mmピッチで周波数帯域DC〜65GHzに対応する「SMPM RFブラインド嵌合コネクタ」を発表した。標準SMPコネクタに比べ、30%小型化している。

[MONOist]

 日本モレックスは2015年1月22日、3.56mmピッチで周波数帯域DC〜65GHzに対応する、小型高性能コネクタ「SMPM RFブラインド嵌合コネクタ」を発表した。高密度コンピューティングや通信用途向けとなる。

 SMPM RFブラインド嵌合コネクタは、標準SMPコネクタに比べて30%小型化し、基板対基板のブラインド嵌合用途において、システム質量の軽量化を可能にした。最高レベルの周波数特性が求められる航空宇宙/防衛用途規格「MIL-PRF-39012」に準拠し、優れた周波特性を備えた。

 また、セルフアライメント機能により、基板対基板の嵌合時に生じる軸と径方向の位置ズレを最大0.25mm自己補正できる。これにより、複数嵌合サイクルにおいても電気性能を損なうことがない。

 さらに、プッシュオン設計を採用し、ネジや治具がなくても取り付けできる。同社のTemp-Flex同軸フレキシブルマイクロ波ケーブルにも対応しており、同ケーブルの終端とアセンブリーを併用することで、トータルコストも低減できる。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

周波数 | モレックス | FAニュース | 小型化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.