ニュース
» 2015年02月13日 08時00分 UPDATE

4代目「オデッセイ」や「ストリーム」の後継車:ホンダが立駐対応の3列シートハイブリッド車「ジェイド」の投入で目指すもの (1/4)

ホンダが発表した3列シートの新型ハイブリッド車「ジェイド」。「1550mm未満の機械式立体駐車場の制限に対応する3列シートのハイブリッド車」という車両は日本国内には存在しない。この“オンリーワン”といえる新型車をホンダはどういった狙いで開発したのか。

[陰山遼将,MONOist]

 ホンダは2015年2月12日、東京都内で会見を開き、3ナンバーサイズの新型ハイブリッド車「ジェイド」を同年2月13日より販売すると発表した。「都市にふさわしいスタイリッシュに使えるクルマ」を開発コンセプトに、セダン並みの低い全高としながら、6人乗りが可能な3列シートを採用するなどミニバンと同等の居住性を実現。「1550mm未満の機械式立体駐車場の制限に対応する3列シートのハイブリッド車」という車両は日本国内ではジェイドの他に存在しない。この“オンリーワン”といえる新型車をホンダはどういった狙いで開発したのだろうか。

ライフステージに左右されない普遍的な価値を持つクルマに

rk_150212_jade01.jpg 新型ハイブリッド車「ジェイド」(クリックで拡大)
rk_150212_jade02.jpgrk_150212_jade03.jpgrk_150212_jade04.jpg 正面、側面、斜め後方から見た「ジェイド」(クリックで拡大)

 ジェイドには基本グレードとなる272万円の「HYBRID」と、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載した上位グレードとなる292万円の「HYBRID X」が用意された(ともに税込み価格)。JC08モード燃費は「HYBRID」が25.0km/l(リットル)、「HYBRID X」が24.2km/lだ。

rk_150212_jade05.jpgrk_150212_jade06.jpg 本田技術研究所 四輪R&Dセンターの印南泰孝氏(左)と「ジェイド」の購買ターゲットユーザーのニーズ(右)(クリックで拡大)出典:ホンダ

 会見では開発責任者を務める本田技術研究所 四輪R&Dセンターの印南泰孝氏が、ジェイドのターゲットユーザーについて説明した。主なターゲットは、独身のプレファミリー層と既に子育てから離れた中高年層であり、こうした年齢の離れた2つのターゲットを取り込むために、「上質な走り」「エモーショナルなデザインと先進装備」「フレキシブルな居住空間」を高い次元で融合させ、普遍的な価値観を持たせることに注力したという。「ライフステージやライフスタイルに左右されずに選べるクルマを目指した」(印南氏)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.