ニュース
» 2015年02月14日 07時00分 UPDATE

FAニュース:加工性能・操作性が向上した形彫放電加工機のベーシックモデルを発売

三菱電機は、形彫放電加工機「EA-S」シリーズの新製品として、「EA12S」を発売した。上位機種に搭載の「ADVANCE」制御装置を採用し、演算処理速度が向上した。

[MONOist]

 三菱電機は2015年2月6日、形彫放電加工機「EA-S」シリーズの新製品として、加工性能・操作性を向上させた「EA12S」を発売した。日本を含む世界市場向けのベーシックモデルで、タブレットなどの情報端末や自動車関連の金型・部品加工の生産性向上に貢献できる。

 EA12Sは、上位機種に搭載の「ADVANCE」制御装置を採用したことで、演算処理速度が向上した。同社のベーシックモデル「EA」シリーズと比較すると、加工性能は最大30%向上している。加えて、同制御装置にタッチパネル、マウス、キーボードを標準搭載し、プログラミングの操作性も向上した。

 専用電源「Intelligent Digital Power Master/Integrated Discharge Power Monitor(IDPM)」と銅含浸グラファイト電極を組み合わせることで、超硬合金加工の荒加工速度が最大60%向上している。

 使いやすさも改善し、クラス最大の「自動昇降式加工槽」により、高さ350mmまでのA3サイズのワークを最大2個まで同時に段取りできる。機械本体設置面積は3.7m2

 さらに、搬送ロボットシステムとの接続性・配置レイアウトの柔軟性も強化した。ロボットシステムを挟んで2台対称に配置する、左右対称配置にも対応できる。

 価格は1450万円(税別)で、同社では2015年度に150台の販売を目指すという。

photo 形彫放電加工機 EA12S

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 三菱電機 | FAニュース | プログラミング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.