ニュース
» 2015年02月20日 15時00分 UPDATE

エコカー技術:ディーゼルノック音を10dB低減する技術、「CX-3」に搭載

マツダは、ディーゼルエンジン特有のノック音を大幅に低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を開発。2015年2月末に日本市場で発売予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」に採用する。

[朴尚洙,MONOist]

 マツダは2015年2月20日、ディーゼルエンジン特有のノック音(ディーゼルノック音)を大幅に低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を開発したと発表した。同年2月末に日本市場で発売予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」の小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」に採用する。

 ディーゼルノック音は、ディーゼルエンジン内の燃焼異常に起因する異常な振動によって発生する音のことだ。コモンレールシステムなどを用いる近年のクリーンディーゼルエンジンは、燃焼異常が起こりにくいような制御を行っており、ディーゼルノック音も大幅に抑制されるようになっている。

 それでもディーゼルノック音が完全に抑制されるわけではなく、発進時やゆっくりとした加速を行う際に、車室内で聞こえるという課題があった。

 ナチュラル・サウンド・スムーザーは、完全には抑制できていないディーゼルノック音を大幅に低減するために開発された技術だ。そのためにマツダは、ディーゼルノック音の発生メカニズムを探究。燃焼時にコネクティングロッドの伸縮に伴って発生するピストンの振動が原因になっていることを突き止めた。この振動を吸収するため、従来のディーゼルエンジンでは空洞だったピストンピン内に内蔵したのが、専用部品となるナチュラル・サウンド・スムーザーだ。

小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」(左)と「ナチュラル・サウンド・スムーザー」の組み込み位置 小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」(左)と「ナチュラル・サウンド・スムーザー」の組み込み位置 出典:マツダ

 これにより、発進時やゆっくりとした加速時に車室内で聞こえやすい周波数3.5kHz付近のディーゼルノック音を、未装着車と比べて最大で10dB低減できたという。つまり、市街地の走行シーンなどで高い静粛性が得られるようになるわけだ。

 なおナチュラル・サウンド・スムーザーは、日本市場で販売するCX-3の一部機種にオプション設定で提供される予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.