ニュース
» 2015年02月22日 07時00分 UPDATE

FAニュース:産業用タッチパネルディスプレイ一体型コンピュータを発売

アドバンテックは、産業用タッチパネルディスプレイ一体型コンピュータ「UTC-300」シリーズを発表した。CPUにIntel Bay Trail J1900プロセッサを搭載し、最大8GBのメモリが搭載できる。

[MONOist]

 アドバンテックは2015年2月3日、産業用タッチパネルディスプレイ一体型コンピュータ「UTC-300」シリーズを発表した。主に、産業、リテール、製造業などの分野に向ける。

 UTC-300シリーズは、CPUにIntel Bay Trail J1900プロセッサを使用し、最大8GBのメモリが搭載できる。ディスプレイは15.6インチと18.5インチのLCDディスプレイで、画面比率は16:9、解像度は1366×768。

 OSには、Windows Embedded Standard 7/Windows Embedded Standard 8/Embedded Linux 3.0を搭載可能で、スクリーンにはマルチタッチ・投影型静電容量式タッチスクリーンを採用した。液晶面はIP65(防塵防滴)に対応し、水拭き清掃もできる。

 総重量は4kg未満、厚さは7mm(パネルマウントの場合)で、機器のインストールが簡単にできるよう、軽量で薄型設計となっているという。またVESA75mm規格の取り付け穴により、台に取り付けることも可能だ。後面のフレームは壁のパネルや機器にそのまま取り付けられるよう、取り外しが自由にできるフレーム設計を採用した。これにより、壁や機械に取り付けでき、小売店や製造業、工業生産、産業オートメーションなど、幅広い用途に対応できる。

 さらに、5メガピクセルカメラ、内蔵マイク、MSR、RFIDリーダー、2次元バーコードスキャナなど、システムの機能とアプリケーションを拡張できる周辺機器も用意している。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.