ニュース
» 2015年02月23日 17時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:ホンダ新社長に2代目「CR-V」開発責任者の八郷氏、伊東氏は相談役に

ホンダは、常務執行役員の八郷隆弘氏を新社長に選任する内定人事を発表した。現社長の伊東孝紳氏は相談役に退く。

[MONOist]

 ホンダは2015年2月23日、常務執行役員の八郷隆弘氏を新社長に選任する内定人事を発表した。現社長の伊東孝紳氏は相談役に退く。

 八郷氏は、同年4月に専務執行役員となった後、6月開催予定の定時株主総会終了後の取締役会で新社長に就任する予定。八郷氏は1982年に入社後、車体設計を中心に四輪車の研究開発に従事。1999年発売の米国版「オデッセイ」の開発責任者代行を経て、2001年発売の2代目「CR-V」で開発責任者を務めた。


ホンダの伊東孝紳氏 ホンダの伊東孝紳氏

 その後2004年4月から本田技術研究所の米国法人の上級副社長、2006年4月から本田技術研究所の執行役員、2007年4月に常務執行役員を務め、2008年6月からはホンダ本社の執行役員に就任した。その後2011年4月に鈴鹿製作所長、2012年4月にホンダ欧州法人、2013年4月に中国法人などを歴任し、2014年4月からホンダ本社に戻り常務執行役員を務めていた。

 伊東氏の社長任期は2009年6月から2015年6月(予定)までの6年間。同社の会長には、自動車工業会会長を務める池史彦氏が2013年6月に就任していることもあり、相談役に就任することになったもようだ。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.