ニュース
» 2015年02月25日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:欧州におけるEVOH樹脂の生産能力を増強

クラレは、ベルギーのエバールヨーロッパによる、EVOH樹脂「エバール」の生産能力増強を決定した。世界的な需要拡大に対応したもので、年産1万1000tを増強する。

[MONOist]

 クラレは2015年2月6日、100%出資子会社であるベルギーのエバールヨーロッパによる、EVOH(エチレン・ビニルアルコール共重合体)樹脂「エバール」の生産能力増強を決定したと発表した。設備投資額は約80億円で、稼働時期は2016年末を予定している。

 エバールは、プラスチックの中でも最高レベルのガスバリア性を持つ機能性樹脂で、1972年に同社が世界で初めて工業化したもの。その優れたガスバリア性から、食品包装用途や自動車用ガソリンタンク用途で利用されているが、汚れ防止壁紙や床暖房用パイプ、冷蔵庫用真空断熱板などにも用途が拡大しているという。

 さらに、日米欧をはじめとする先進諸国に加え、新興諸国でも需要が拡大基調にあることから、安定供給体制を維持するために、今回生産能力の増強を決定した。

 現在、エバールヨーロッパのエバール年間生産能力は2万4000tで、今回の増強により1万1000tを追加する。これにより、グループ全体の年間生産能力は、クラレアメリカの4万7000tとクラレの1万tを合わせて9万2000tになる見込みだ。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

工場ニュース | プラスチック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.