ニュース
» 2015年02月25日 08時00分 UPDATE

製造ITニュース:3次元CADデータのグローバル分散設計を強化したCADデータ管理システム

富士通は、CADデータ管理システム「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA Concurrent Design Manager」の新バージョンを発売した。更新ファイルを夜間など、指定した時間にサーバ間で同期するレプリケーション機能を追加した。

[MONOist]

 富士通は2015年2月12日、3次元CADデータのグローバル分散設計を強化したCADデータ管理システム「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA Concurrent Design Manager」(以下、PLEMIA Concurrent Design Manager)の新バージョンを発売した。

 新バージョンのPLEMIA Concurrent Design Managerは、複数人が設計に関わることで管理が煩雑になる3次元CADデータや関連図面などの膨大なデータを、部品単位で設計履歴を効率的に管理できる。加えて、管理データを製造工程に必要な情報に生成することも可能だ。

 また、設計のグローバル化に対応するため、データ容量が大きくファイル転送に時間がかかる設計データについて、更新ファイルを夜間など指定した時間にサーバ間で同期するレプリケーション機能を追加した。これにより、ネットワーク遅延が起こりやすい海外の分散拠点間での協調設計を効率化できるという。

 GMTやUnicodeにも対応し、自国のタイムゾーンで更新履歴を把握できる他、データベースの言語を意識せず世界共通で利用可能だ。設計拠点の状況に応じて国内分散向けとグローバル分散向けの機能を組み合わせるなど、それぞれに最適な分散設計環境を構築できる。

 さらに、従来の8種類の3次元CADソフトウェアに加え、数万点の部品を扱う大規模な機械装置向けの設計支援ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX」を新たに管理対象とした。管理データを3Dプリンタ用のデータ形式STLへ自動変換する機能も追加している。

 価格(税別)は、「PLEMIA Concurrent Design Manager V27」が5ライセンスで150万円、「PLEMIA Concurrent Design Manager V27 マルチサイトレプリケーション(オプション)」が1拠点150万円、「PLEMIA Concurrent Design Manager V27 STL自動変換(3Dプリンタ用、オプション)」が35万円となっている。

photo マルチサイトレプリケーションのイメージ
photo PLEMIA Concurrent Design Manager グローバル分散配置例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.