ニュース
» 2015年02月25日 14時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:Cyclone V SoCにステレオビジョンIP実装、富士ソフトが販売開始

富士ソフトがアルテラ「Cyclone V SoC」を使ったステレオビジョンIP「StereoVision IP Suite」と評価キットの販売を開始した。

[MONOist]

 富士ソフトは2015年2月24日、アルテラのCyclone V SoCを使ったステレオビジョンIP「StereoVision IP Suite」と評価キット「StereoVision Evaluation Kit」の販売を開始した。

 これは2つのカメラ画像の視差を利用し、「対象物との距離計測」と「物体認識」を実現する複数のIPコアを統合したもので、東京工業大学 准教授 實吉敬二氏が開発したアルゴリズムをもとに、同社とアルテラが共同開発した。FPGAによるハードウェア処理によって各種の処理を高速化した他、カスタマイズも用意だという。

 評価キット「StereoVision Evaluation Kit」には、ステレオビジョンIPに加えて、カメラ、Cyclone V SoCを搭載したボード、実装用ソフトウェアをセットしたもの。カメラユニットにはTerasic製の500万画素CMOSセンサーを搭載する。

photophoto 2014年11月に行われた「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET2014)」にて、富士ソフトが展示していた「StereoVision IP Suite」評価キット
photo システムイメージ(出展:富士ソフト)

 販売開始に際して實吉准教授からは「今後は車向けのアプリケーションでの実績をベースに、富士ソフトの幅広い開発実績も加わることで、ロボット、産業機器、医療機器など様々な分野で採用されていくことを期待しています。」とのコメントが寄せられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.