ニュース
» 2015年03月02日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ファイバセンサーをCC-Linkに接続できる通信ユニット

オプテックス・エフエーは、ネットワークでファイバセンサーを管理・制御できるCC-Link対応通信ユニット「UC1-CL11」を発売した。これまで手作業だった受光量・測定値のモニタ、センサーの遠隔操作、設定値のバックアップを簡易化できる。

[MONOist]

 オプテックス・エフエーは2015年2月18日、ネットワークでファイバセンサーを管理・制御できるCC-Link対応通信ユニット「UC1-CL11」を発売した。半導体・電子部品業界、自動車業界、医薬品業界、機械業界など向けで、同社の製品ブランド「FASTUS(ファスタス)」の第7弾となる。

 UC1-CL11は、FA業界を中心に幅広く普及するオープンフィールドネットワークCC-Linkに、同社のファイバセンサー「D3RF」シリーズを接続できる通信ユニット。センサーをネットワーク上で管理できるため、従来手作業で行っていた受光量や測定値のモニタ、センサーの遠隔操作、設定値のバックアップが簡単に可能だという。

 三菱電機が提唱する「iQ Sensor Solution(iQSS)」にも対応。三菱電機製エンジニアリングソフトウェア「GX Works2」上で、接続されているセンサーの機種情報や接続台数を自動検出できる。これにより、三菱電機製のFA機器とスムーズに連携し、一括管理と作業性の向上が可能になるという。

 標準価格は3万8000円(税別)。2015年に国内販売数5000台を目指す。UC1-CL11に接続できるセンサーは順次追加予定だという。

photo 製品外観
photo ファイバセンサーD3RFシリーズとの接続イメージ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 三菱電機 | FAニュース | ソフトウェア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.