ニュース
» 2015年03月02日 17時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:見るだけで画面のロックを解除、虹彩認識をスマホに搭載

富士通が虹彩認証システムを搭載し、画面を見るだけで画面ロックの解除ができるスマートフォンを試作した。

[MONOist]

 富士通は2015年3月2日、虹彩認証システムを搭載し、画面を見るだけで画面ロックの解除ができるスマートフォンを試作したと発表した。スペイン・バルセロナにて3月2日(現地)より開催される展示会「Mobile World Congress 2015」にて展示とデモを行う。

 虹彩認証は、瞳孔の外側にある虹彩のしわのパターンを認識して、本人確認を行う技術。スマートフォンへの搭載に当たっては認証用機器の大きさや認証精度が課題とされてきたが、同社では小型の赤外線LED照明と赤外線カメラを開発し、認証エンジンにはDelta IDの「ActiveIRIS」を採用することで、「スマートフォンの画面を見るだけで、ロックが解除される」というシステムの開発に成功した。

 認証時には赤外線LED照明で赤外線を照射し、赤外線カメラで眼球を撮影することで行う。光生物学的安全性試験(IEC 62471)の実施により目の安全性も確保した他、認証時に目をスマートフォンに接近させる必要もなく、通常のスマートフォン使用時と同じ感覚で利用できるとしている。

photo 赤外線カメラと赤外線LED照明を搭載したスマートフォン試作機の概要図

 開発された虹彩認証技術はスマートフォン、タブレットはもちろん、さまざまなセキュリティ分野への応用が可能で、同社では虹彩認証技術と多様化について研究開発を進め、2015年度内での製品化を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.