ニュース
» 2015年03月04日 09時00分 UPDATE

ジュネーブモーターショー2015:歴代最高出力の310psを達成、新型「シビック TYPE R」は2015年夏に欧州発売 (1/2)

ホンダは「第85回ジュネーブ国際モーターショー」において世界初公開する欧州市場向けの新型「シビック TYPE R」を公開。エアロダイナミクスを追求するなど、量産車でありながらレーシングカーのような高い走行性能が追求されたモデルとなった。

[MONOist]

 ホンダは2015年3月3日(欧州時間)、「第85回ジュネーブ国際モーターショー」(一般公開日:2015年3月5〜15日)において、欧州市場向け新型「シビック TYPE R」の市販モデルを公開した。“歴代最高のシビック TYPE R”を目指して開発された同車は、エアロダイナミクスを追求するなど、量産車でありながらレーシングカーのような高い走行性能が追求されたモデルとなった。欧州での販売開始は2015年夏からとしている。

歴代最高の出力を達成

rk_150303_civic01.jpg ホンダが公開した欧州向けの新型「シビック TYPE R」の外観(クリックで拡大)出典:ホンダ
rk_150303_civic02.jpgrk_150303_civic03.jpgrk_150303_civic04.jpg 正面、側面、斜め後方から見た新型「シビック TYPE R」(クリックで拡大)出典:ホンダ

 エンジンは、新開発となる直噴ガソリンターボエンジン「VTEC TURBO」シリーズの排気量2.0l(リットル)の直列4気筒モデルを初搭載。パワートレインの最高出力は310ps、最大トルク400Nmで、これはホンダの最上位スポーツグレードである「TYPE R」の中でも、「歴代最高」(同社)の数値になるという(関連記事:ホンダの新型「シビック Type R」、新開発の直噴ダウンサイジングターボを搭載)。

 6速のマニュアルトランスミッションを採用しており、時速0〜100kmの加速は5.7秒、最高時速270kmを達成。前輪駆動のハッチバックモデルにおいて、世界最高レベルの走行性能を実現した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.