ニュース
» 2015年03月04日 16時00分 UPDATE

CAEニュース:FOCUSスパコンやさまざまなHPCサーバを選んで解析できる「V-HPC Network」を発表

V-HPC Networkは、最大10Gbpsのバックボーン回線を利用した閉域ネットワーク。自社の施設だけでなく、FOCUSスパコンや公共・研究機関のHPCサーバを選択して科学技術計算が実行できる。

[小林由美,MONOist]

 ヴァイナスは2015年3月4日、CAE・HPCのための専用回線網「V-HPC Network」を発表した。同サービスは同年3月9日より提供開始する。V-HPC Networkは最大10Gbpsの閉域ネットワーク。同サービスを介して、自社の施設だけでなく、FOCUS(計算科学振興財団)スーパーコンピュータ(スパコン)や公共・研究機関のHPCサーバを選択して科学技術計算が実行できる。IBM SoftLayerやAmazon AWSなどのクラウドサーバへもダイレクト接続することも可能だ。サポートするHPCは順次増やしていく予定だという。ヴァイナスの「CCNV」(cloud computing navigation system)と組み合わせることで、ファイル転送のスループットがさらに向上し、機密性の高いファイルも安全に扱えるとしている(関連記事:選べるクラウドサービスを提供――CAEは「現象を解く」の一歩先へ)。

yk_VHPCNetwork_01.jpg V-HPC Networkの概要

 V-HPC Networkと併せて同社が提供する「VECAMS」(ヴェカムズ:VINAS Entrusted Cloud Application MaintenanceService)は、ユーザーの開発コードやオープンソースコードのアプリケーションのポーティングやコンパイルを代行するサービス。オプションで、並列実行効率のチューニングを含め年間契約でメンテナンスを同社が請け負い、外部のクラウドHPCサーバで利用できるようサポートすることも可能だという。

 V-HPC Networkの参考価格は、100Mbps帯域保証の回線(東京23区内から接続する一例)で年間約840万円、初期導入設定費用60万円(いずれも税別)だ。販売ターゲットは自動車関連、重工業、情報通信産業が中心であり、初年度で20社の導入、2億円の販売を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.