ニュース
» 2015年03月05日 08時00分 UPDATE

医療技術ニュース:慢性炎症による大腸がん悪性化の仕組みを解明

金沢大学は、慢性炎症による大腸がん悪性化の仕組みについて明らかにした。悪性化の過程に慢性炎症反応が関わっている可能性があり、今後、慢性炎症の制御によってがんの悪性化を制御できると期待される。

[MONOist]

 金沢大学は2015年2月16日、同大学のがん進展制御研究所の大島正伸教授らによる研究グループが、モデルマウスを用いた遺伝学的解析により、慢性炎症反応が誘導する大腸がん悪性化の仕組みについて明らかにしたと発表した。この研究は、JST戦略的創造研究推進事業の一環として行われたもの。

 従来、がんの浸潤・転移などの悪性化進展は、遺伝子変異の蓄積によって引き起こされると考えられていた。一方で、多くのがん組織で起こる慢性炎症反応が、がんの悪性化に関与しているかについては、詳細な研究はなされていなかった。

 同研究グループは、大腸がんの発生と悪性化に関与するApc遺伝子およびTGF-β受容体遺伝子(Tgfbr2遺伝子)を同時に腸管上皮細胞で欠損するモデルマウスを作成した。このモデルマウスを解析した結果、Apc・Tgfbr2の2つの遺伝子変異に起因した浸潤性大腸がん組織には常に炎症反応が伴い、炎症反応が起こっていない腫瘍は浸潤していないことが分かった。

 そこで、悪性化に関与するTgfbr2遺伝子だけが腸上皮で変異したマウス、つまり、がん抑制経路であるTGF-βシグナルを抑制したマウスに、潰瘍性大腸炎を誘発させるとTgfbr2遺伝子の単独変異だけで浸潤性大腸がんが発生した。これらのことから、がんの悪性化進展は、これまで考えられていた遺伝子変異の蓄積ではなく、特定の遺伝子変異(この研究ではTgfbr2)と慢性炎症反応の相互作用によって誘導されるということが明らかになった。

 潰瘍性大腸炎患者に発生した浸潤性大腸がん組織についても調べたところ、実際にTGF-βシグナルの抑制が認められ、慢性炎症とTGF-βシグナル抑制がヒトの浸潤性大腸がん発生の原因となっていると考えられた。

 この研究成果は、悪性化の過程に慢性炎症反応が関わっている可能性があることを示している。つまり、今後、慢性炎症によるがんの転移・再発の誘導の仕組みが明らかにされれば、慢性炎症の制御によってがんの悪性化を制御できる可能性があり、将来的には、新たな予防・治療法の開発が期待されるという。

 同研究成果は、2015年2月16日(米国東部時間)発行の米国癌学会学術雑誌「Cancer Research」に掲載され、同時に米国癌学会学術雑誌「Cancer Research」のオンライン速報版で公開された。

photo 2種類のモデルの解析により、「慢性炎症反応」と「特定の遺伝子変異」の相互作用が、大腸がんの悪性化を誘導することが明らかになった。左:Apc遺伝子変異とTgfbr2遺伝子変異(TGF-β抑制)の蓄積により浸潤がんが発生する。浸潤がん組織では慢性炎症反応を伴い、MT1-MMP発現によるMMP2活性化が見られる。しかし、同じ変異を持っていても炎症反応のない腫瘍は浸潤しない。右:潰瘍性大腸炎のように、慢性炎症を起こしている大腸粘膜では、TGF-βシグナル抑制の単独遺伝子変異だけで浸潤がんが発生した

関連キーワード

遺伝子 | がん | 医療技術 | 病気 | 治療


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.