ニュース
» 2015年03月05日 16時00分 UPDATE

工場ニュース:新型「ロードスター」が宇品工場で生産開始

マツダは、本社宇品第1(U1)工場(広島市南区)において、2015年6月ごろに国内発売を予定している新型「マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)」の生産を開始した。

[ITmedia]

 マツダは2015年3月5日、本社宇品第1(U1)工場(広島市南区)において、新型「マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)」の生産を開始した。

 現在生産しているのは2015年6月ごろの発売を予定している国内向けの車両になる。海外市場での販売は、国内発売の後に順次進めていく予定。なお、海外市場向けの新型ロードスターについても、宇品第1工場で生産する計画だ。


新型「ロードスター」の量産第1号車新型「ロードスター」の量産第1号車新型「ロードスター」の量産第1号車 新型「ロードスター」の量産第1号車(クリックで拡大) 出典:マツダ

 2人乗りオープンスポーツカーのロードスターは、同社の「走る歓び」を追求したクルマづくりを象徴する製品である。2015年1月末までで累計生産台数は95万台を超えており、「2人乗りスポーツカー販売台数世界一」のギネス認定記録を現在も更新し続けている。

 新型ロードスターは4代目となるND型で、「守るために変えていく」をキーワードに開発された。また、新世代技術「SKYACTIV」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用したマツダ新世代商品の第6弾にもなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.