ニュース
» 2015年03月09日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高温下の耐摩耗性が向上した、鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種

三菱マテリアルは、鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6015」を発売した。特許技術により、コーティングの結晶組織を微細かつ結晶成長を一方向に制御し、高温下の耐摩耗性を大幅に向上させた。

[MONOist]

 三菱マテリアルは2015年2月23日、鋼旋削加工用CVDコーテッド超硬材種「MC6015」を発売した。

 MC6015は特許技術「ナノテクスチャーテクノロジー」を用いることで、コーティングの結晶組織を微細かつ結晶成長を一方向に制御できる。これにより、高温下の耐摩耗性を大幅に向上させ、切削速度が分速300mを超える鋼の高速高能率加工を可能にした。また、特許技術「タフグリップテクノロジー」でコーティング層間の密着度を極限まで上げたことで、被膜を強靱化し、はがれにくくした。

 同社では、幅広いニーズに対応するため、鋼旋削加工用ブレーカシステムとして第1推奨の軽切削加工用「LPブレーカ」、中切削加工用「MPブレーカ」、荒切削加工用「RPブレーカ」に加え、補間ブレーカも在庫化した。併せて、既に発売済みの中断続・汎用切削加工で、耐溶着性・耐欠損性を向上させた「MC6025」もブレーカシステムを拡大している。

 型番はMC6015がネガティブインサートを187型番、ポジティブインサートを80型番そろえた。他に、MC6025の追加型番として、ネガインサートを31型番用意した。標準価格(税別)は、LPブレーカの「CNMG120404-LP(MC6015)」が850円、MPブレーカの「DNMG150408-MP(MC6015)」が1180円など。

photo MC6015

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.