ニュース
» 2015年03月10日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ユニバーサル対応のロボット用小型・省エネコントローラ

川崎重工は、コンパクトサイズでありながら、消費電力を抑えたロボット用小型・省エネコントローラを発売した。基本部の部品を小型化し、部品配置を最適化したことで、従来のコントローラと比べて体積を62%削減した。

[MONOist]

 川崎重工は2015年3月1日、業界最小クラスのコンパクトサイズでありながら、消費電力を抑えたロボット用小型・省エネコントローラを発売した。同時発売の高速パレタイズロボット「CPシリーズ」、大型汎用ロボット「CXシリーズ」、小型アーク溶接ロボット「BAシリーズ」の他、既存機種にも順次対応するという。

 今回発売された省エネコントローラは、基本部の部品を小型化し、部品配置を最適化したことで、従来のコントローラと比べて体積を62%削減した。外形サイズは幅550×奥行き580×高さ280mmで、段積み設置などが可能となり、コントローラの設置スペースを縮小できる。

 また、従来は日本・アジア、欧州、米国それぞれの規格に対応するため、コントローラの仕様は異なっていたが、機能安全技術を用いて安全回路部を共通化した。これにより、各国の規格に対応する全世界共通仕様を可能にした。

 制御軸数は「E01」「E02」が標準7軸(最大9軸)で、「E03」が標準5軸(最大6軸)。外部記憶はUSBメモリで、外部インタフェースにはUSB、イーサネット、RS232Cを備えた。さらに、CPシリーズ用のコントローラには、パレタイジング作業における減速エネルギーを電力として再利用する電力回生機能を標準搭載し、省エネルギー・CO2排出量が削減できるとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ロボット | 省エネ | FAニュース | 小型化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.