ニュース
» 2015年03月12日 08時00分 UPDATE

車両デザイン:新型「アルト ターボRS」はスズキの軽スポーツ、ターボラグを20%抑制 (1/2)

スズキは、軽自動車「アルト」をベースに、「スポーティーで爽快な走りとクルマを操る楽しさを追求」(同社)して開発した新型「アルト ターボRS」を発売。アルトにターボモデルが採用されるのは、5代目アルトが2000年にマイナーチェンジした際に廃止して以来15年ぶりとなる。

[朴尚洙,MONOist]

 スズキは2015年3月11日、2014年12月発売の軽自動車「アルト」をベースに、「スポーティーで爽快な走りとクルマを操る楽しさを追求」(同社)して開発した新型「アルト ターボRS」を発売した。アルトにターボモデルが採用されるのは、5代目アルトが2000年にマイナーチェンジした際に廃止して以来15年ぶりとなる。税込み価格は、2WDモデルが129万3840円、4WDモデルが140万5080円となっている。月間目標販売台数は500台で、アルトシリーズでは合計7500台となる。

 新型アルト ターボRSは、60kgの軽量化を果たした新プラットフォームなどの採用によって基本性能を大幅に高めたアルトがベースとなっている。外観デザインも、メガネをイメージしたフロントフェイスなどはそのままに、メッキと赤のアクセントカラーといった専用加飾を施して存在感を高めている。

新型「アルト ターボRS」の「パールホワイト」新型「アルト ターボRS」の「ピュアレッド」新型「アルト ターボRS」の「ブルーイッシュブラックパール3」 新型「アルト ターボRS」の外観。ボディカラーは左から、「パールホワイト」、「ピュアレッド」、「ブルーイッシュブラックパール3」(クリックで拡大) 出典:スズキ
新型「アルト ターボRS」の内装 新型「アルト ターボRS」の内装(クリックで拡大) 出典:スズキ

 外形寸法は全長3395×全幅1475×全高1500mm、ホイールベースは2460mm。軽自動車規格に収めるため全長と全幅、ホイールベースもアルトと同じだが、全高はアルトの1475mmから25mm高くなった。2WDモデルの車両重量は670kgで、アルトの2WD/CVTモデルと比べて20kg重くなっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.