ニュース
» 2015年03月12日 13時00分 UPDATE

モデルベース開発:ロボットにモデルベース開発の手法を、MATLAB/Simulink「Release2015a」

モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「Release2015a」が発表された。ロボット開発やFPGA/ASIC向け画像処理、アンテナ設計に適したツールボックスが追加されたほか、テスト管理ツールも導入され、使い勝手が向上した。

[MONOist]

 MathWorks Japanは2015年3月12日、同社のモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「Release2015a」を発表した。ロボット開発やFPGA/ASIC向け画像処理、アンテナ設計に適したツールボックスが追加されたほか、テスト管理ツールも導入され、使い勝手が向上した。

 ロボット開発用として新たに用意されたツールボックス「Robotics System Toolbox」は、MATLAB/SimulinkとROS(Robot Operating System)の橋渡しをするもので、ROSのノードをMATLAB/Simulinkから生成でき、ロボットの開発へモデルベース開発の手法をスムーズに導入できる。

photo 「Robotics System Toolbox」により、ROSがサポートするTurtleBotの開発にもMATLAB/Simulinkが利用できる

 マシンビジョンやADAS開発などで需要の高まるFPGA/ASIC向け画像処理には、「Vision HDL Toolbox」を用意した。HDL Coderの導入が必要ながら、フィルター処理など画像処理に特化した、使用頻度の高いアルゴリズムが16個用意されている。HDLで画像処理は以前から行えたが、本ツールでは画像を“面”として処理できるため、システム設計効率の上昇が期待できる。

 アンテナ設計向けには「Antenna Toolbox」が用意され、アンテナ素子とアンテナアレイの設計/解析/可視化に利用できる。アンテナ形状など物理設計に必要なライブラリも備えているため、フル機能のCADが導入されていない現場でも、スムーズなアンテナ設計が行えるとしている。

photo 「Vision HDL Toolbox」

 また、テストハーネス作成やテストシーケンス作成、テスト管理用ツールボックス「Simulink Test」が新規導入され、加えて「MATLAB Compiler」と「MATLAB Builder EX functionality for desktop applications」が統合され「MATLAB Compiler」に、「MATLAB Builder JA」「MATLAB Builder NE」「MATLAB Builder EX functionality for MATLAB Product Server」「MATLAB Compiler share library(.dll)functuionality」の4つが統合され「MATLAB Compiler SDK」になるなどの変更も行われている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.