ニュース
» 2015年03月16日 14時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:Webサービスを“ひねって”と操作、Cerevoが「ネットのカギ」

CerevoはWebサービスと連携するカスタマイズ可能なカギ型スイッチ「Hackey(ハッキー)」を今夏に発売する。“カギをひねる”動作でWebサービスを動かせる。

[MONOist]

 Cerevoは2015年3月16日、Webサービスと連携するカスタマイズ可能なカギ型スイッチ「Hackey(ハッキー)」を開発したと発表した。2015年夏に1万円前後で販売する予定。

 IEEE 802.11b/g/nによるインターネット接続機能と、さまざまなWebサービスを連携させるWebサービス「IFTTT」に対応しており、「カギをひねる」というアクションでさまざまなWebサービスを操作できる。

photo 「Hackey(ハッキー)」

 カギをひねる動作をトリガーとして送るだけではなく、情報を受け取る機能も備えており、受け取った情報で本体のLEDを制御することもできる。カギ部分は着脱可能であり、市販の16mmパネルマウント型スイッチを取り付けることも可能だ。

 開発者向けにはHackeyの制御用APIを公開する予定で、対応サービスやガジェットの開発環境を整える他、IFTTT以外のサービスやガジェットとの連携も行える。

photophoto

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.