ニュース
» 2015年03月17日 15時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:車載や監視カメラを高画質に、東芝が「無限高画質」開発

東芝がスマホや車載カメラなどに用いられる小型のイメージセンサーで、大型イメージセンサー並みの画像を実現できる「無限高画質」技術を開発した。

[MONOist]

 東芝は2015年3月13日、小型イメージセンサーで大型イメージセンサー並みの画像を実現できる「無限高画質」技術を開発したと発表した。スマートフォンや車載カメラ、監視カメラ、内視鏡などサイズ上の制限があるデバイスの画質向上を狙う。

 この技術は高速に連続撮影した画像を、独自開発したブレ検出補正機能で補正しながら合成することで、ノイズの少ない鮮明な画質を実現する。同種の技術としては「HDR」(ハイダイナミックレンジ合成)などが知られるが、本技術では蓄積用に多くのメモリを必要とせず、「高感度な大型イメージセンサ並みの画質を得ることが可能」(同社)であるとしている。

photo 「無限高画質」の概略(出展:東芝)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.