ニュース
» 2015年03月18日 15時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:「IoT版 Windows 10」今夏に無償提供

Microsoftの次期OS「Windows 10」の投入が今夏と発表され、合わせて、IoT(Internet of Things)デバイス向けWindows 10の無償提供が明らかにされた。

[渡邊宏,MONOist]

 米Microsoftは2015年3月17日(現地時間)、発表時「今年中」としていた次期OS「Windows 10」の投入を2015年夏と発表するとともに、IoT(Internet of Things)デバイス向けのWindows 10については無償提供すると発表した。

 同社ではIoT版 Windows 10をハードウェアリソースの限られたデバイスに適するとしており、具体的な用途としてATMや超音波診断機などを挙げている。

 また、Windows 10の開発ボードとして、SoC「Snapdragon 410」を搭載したQualcommの「DragonBoard 410C」を紹介しており、PCやタブレットだけではなく、スマートフォンや各種IoTデバイスまでも広くサポートしていく姿勢を見せている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.