ニュース
» 2015年03月19日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:インドネシアに乗用車の組み立て工場を新設、ASEANの主要生産拠点へ

三菱自動車工業と三菱商事は、インドネシアに新工場を建設すると発表した。2017年4月に操業を開始し、新たに開発する小型MPVや新型SUV「パジェロスポーツ」などの乗用車を生産する。

[MONOist]

 三菱自動車工業と三菱商事は2015年2月27日、インドネシアの現地パートナーであるPT Krama Yudhaと共同で、新生産合弁会社の「ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア」(以下、MMKI)を設立すると発表した。合弁化は同年3月の予定で、同国の首都ジャカルタから東に37kmに位置するGIIC工業団地に新工場を建設するという。

 現在インドネシアは、世界第4位の人口を有し、経済成長と共に需要増加が期待される市場となっている。3社では、その成長を取り込むため、これまでの小型商用車中心から、乗用車への展開拡大を進めていくという。

 今回新たに建設する工場では、従来の生産車種「COLT(コルト)L300」などに加え、新たに開発する小型MPV(多目的車)や、新型SUV(スポーツ多目的車)「パジェロスポーツ」などの乗用車を生産する。生産した車両の一部はASEAN各国にも輸出する予定で、これによりインドネシアは、タイに続くASEANの主要生産拠点となる。

 MMKIの資本金は約200億円で、新型車開発費を含めた総投資額は約600億円になるという。工場の操業は2017年4月の予定で、生産能力は年16万台、従業員数は2018年3月に約3000名になるとしている。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.