ニュース
» 2015年03月19日 11時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:公共用ロボットの「3Dデザイン」コンテスト

東芝が「駅や公園、空港など公共の場で活躍できるロボット」のアイデアコンテストを開始した。アイデアを3Dデータによる“3Dデザイン”として募集する。

[MONOist]

 東芝は2015年3月18日、「駅や公園、空港など公共の場で活躍できるロボット」のアイデアコンテストを開始した。アイデアを3Dデータによる“3Dデザイン”として募集するもので、受賞作には造形物のプレゼントも行われる。

 このコンテストは「2020年に公共の場所で、暮らしや環境を便利で豊かにするロボット」がテーマで、審査に当たっては「都市問題、環境問題の解決につながるアイデア」「デザイン性よりも機能性、アイデア、コンセプト」を重視する。

 応募に際しては3Dデータの提出が必要で、受賞作品については賞金(最優秀賞1人に30万円、優秀賞3人に10万円)を授与する。受賞作について、3Dプリンタで出力できるサイズのものについては東芝側で出力し、造形物は応募者にプレゼントされる。なお、提案物の著作権について、受賞の場合は「主催者である東芝に移譲をお願いします」とされている。

 応募期間は2015年4月17日まで、審査は東芝およびDMM.comが行う。募集要項はコンテスト開催概要ページ「東芝ロボットアイデアコンテスト開催!」を確認のこと。

関連キーワード

ロボット開発 | DMM | 3Dプリンタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.