ニュース
» 2015年03月20日 07時00分 UPDATE

FAニュース:数値制御装置の新シリーズを発売、最大8系統32軸8主軸に対応

三菱電機の数値制御装置「M800Sシリーズ」「M80シリーズ」は、専用CPUの搭載により、微小線分処理能力とPLC演算処理能力が同社従来機比1.6倍に向上した。

[MONOist]

 三菱電機は2015年3月3日、数値制御装置(CNC)の新製品として、グローバルスタンダードモデルの「M800Sシリーズ」「M80シリーズ」を発売した。

 今回発売された新シリーズは、専用CPUの搭載により、CNCの基本性能である微小線分処理能力とPLC(プログラマブルロジックコントローラ)演算処理能力が同社従来機に比べて1.6倍向上した。また、CNCと駆動系ドライブユニット間の光通信ネットワークを高速化し、サーボ指令・制御周期が従来機の2倍向上している。

 M800Sシリーズのうちの旋盤向けは、最大8系統32軸8主軸の多軸多系統機制御に対応。旋削加工とセンタタップ加工が同時にできる「主軸重畳制御」により、アイドルタイムを削減している。

 フィールドネットワークは、CC-Link、EtherNet/IP、PROFIBUS-DPに対応し、ロボットや搬送装置など周辺機器との接続を容易にした。さらに、MESインタフェース機能により、加工状況やアラーム履歴を上位システムのデータベースへ自動配信できる。これらの機能により、自動化システム構築と稼働データ管理に基づく生産管理の強化・予防保全に貢献できるという。

 取り付け部は、従来機の薄さ約20.0mmから9.5mmにスリム化。10.4型以上の表示器には、タッチパネル方式を標準採用し、操作性も向上している。

 ラインアップは、M800Sシリーズが「M850S」「M830S」の2種で、いずれも最大系統数8系統/最大制御軸数32軸となる。M80シリーズは、同3系統/同12軸の「Type A」と同2系統/同9軸の「Type B」の2種を用意した。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.