ニュース
» 2015年03月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:繊維とPP樹脂を単一工程で加工できる、混練・射出成形装置

三菱重工プラスチックテクノロジーは、ガラス繊維とポリプロピレン樹脂を高強度の長繊維強化プラスチック成形製品に単一工程で加工できる、混練・射出成形装置(D−LFTシステム)「1600emII」を発売した。

[MONOist]

 三菱重工プラスチックテクノロジーは2015年3月2日、ガラス繊維とポリプロピレン(PP)樹脂を、高強度の長繊維強化プラスチック(LFT)成形製品に単一工程で加工できる、混練・射出成形装置(D−LFTシステム)「1600emII」を発売した。

 自動車製造業界では現在、車体軽量化に伴い、金属部品の代替としてプラスチック製品のニーズが拡大しているという。今回開発されたD−LFTシステムは、最も需要が明確なガラス・PPの長繊維プラスチック成形品を低コストで製造できるものとなる。

 装置は、専用のスクリュ、樹脂・ガラス繊維の自動供給装置などのハードウェアと、樹脂の溶融量に合わせてガラス繊維を供給する協調制御、溶融させた樹脂にガラス繊維を分散させる専用ソフトウェアで構成される。

 独自のスクリュ形状やガラス繊維供給方法などを工夫したことで、コンパウンド材料を不要にした。これにより、原料コストを25%程度低減できるという。また、混練工程と射出成形工程を一体化したことにより、製造ラインのコンパクト化も可能だという。

 同社では今度、システムの適用範囲をガラス・ポリアミド樹脂(ナイロン)成形品や炭素繊維強化プラスチックなどにも広げるとしている。

photo 大型電動射出成形機 emIIシリーズ「1600emII」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.