ニュース
» 2015年03月22日 07時00分 UPDATE

FAニュース:銅板の3分の1の質量で剛性は損なわず。高剛性軽量樹脂シート

積水化学工業は、グラフェンライクカーボンを配合した「高剛性軽量樹脂シート」を開発した。強化樹脂シートを外層、ポリオレフィンフォームを中間層にした3層積層シートで、軽量性と高剛性を両立した。

[MONOist]

 積水化学工業は2015年2月25日、グラフェンライクカーボンを配合した強化樹脂シートとポリオレフィンフォームから成る積層シート「高剛性軽量樹脂シート」を開発したと発表した。

 高剛性軽量樹脂シートは、グラフェンライクカーボンを配合した強化樹脂シートを外層とし、ポリオレフィンフォームを中間層とする3層積層シート。積層構造を採用したことで軽量性と高剛性を両立。鋼板の3分の1の重量でありながら、鋼板と同等の剛性を備える。

 また、主成分が熱可塑性樹脂のため、炭素繊維強化樹脂やガラス繊維強化樹脂と異なり、通常のプラスチックスのようにプレス成形などの熱成形も容易にできる。

 用途に応じた幅広い品質設計が可能で、例えば剛性重視グレードでは、目付量3500g/m2でシート厚み10mm以下、弾性勾配750N/cm/5cmのスペックになるという。

 同社では今後、住インフラ材や船舶・航空機・鉄道の車輌・輸送など、さまざまな分野に用途を広げるとしている。さらに、量産化の技術開発を進め、2015年夏をめどに開発品のサンプルを供給する予定だ。

photo 高剛性軽量樹脂シートの構成
photo 成形例
photo グラフ:同一の剛性を発現させるのに必要な重量

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.