ニュース
» 2015年03月23日 07時00分 UPDATE

FAニュース:200V系大容量無停電電源装置を発売、出力電力が11%向上

富士電機は、200V系大容量無停電電源装置「6000DX」シリーズを発売した。従来機種と同一サイズで出力電力を11%高めたことで、設備の省スペース化が可能になるという。

[MONOist]

 富士電機は2015年3月9日、200V系大容量無停電電源装置(以下、UPS)「6000DX」シリーズを発売した。金融システムや生産ライン、医療施設などに設置されるサーバ向けとなる。

 UPSは、落雷などの自然災害や突発的な事故などで停電・瞬低が発生した際に、コンピュータ・精密機器の誤動作を防ぐために電力を供給する製品となる。現在、日本国内では、老朽設備・機器の置き換え(リプレイス)が本格化しているという。

 今回発売された6000DXシリーズは、従来機種と同一サイズで出力電力を11%向上させた。装置内部の放熱性を高めたことなどによるもので、設置面積当たりの出力電力としては、業界最高になるという。100kVAタイプの場合では、従来機種は出力5kWのサーバ18台へ電力を供給したのに対し、20台への供給を可能にした。これにより、設備の省スペース化に貢献できる。また、従来機種と設置面積が同一のため、置き換えも容易だとしている。

 表示・操作画面は、従来機種の5.7インチから7インチに拡大した。大型タッチパネルのため、運転状態が見やすく、操作性も向上しているということだ。

 ラインアップは、装置容量100kVA/200kVA/300kVAの3種類。いずれも常時インバータ給電方式で、入出力電圧は200Vまたは210V、相数は3相3線、周波数は50/60Hz共用、定格負荷力率は1.0(0.7〜1.0)となる。サイズはそれぞれ、幅800×奥行き1000×高さ1900mm、幅1200×奥行き1000×高さ1900mm、幅1400×奥行き1000×高さ1900mmとなっている。

photo カラーはシルバー(写真)と一般配電盤色の2色を用意

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

電力 | 富士電機 | 電源 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.