ニュース
» 2015年03月24日 16時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:中国化工集団がタイヤ大手のピレリを買収へ、本社拠点はイタリアから変えず

中国の国有化学企業である中国化工集団が、世界第5位のタイヤメーカーであるピレリを買収する。ただし、本社拠点や研究開発拠点、知的財産などはイタリア国内にとどめる契約になっている。

[朴尚洙,MONOist]

 中国の国有化学企業である中国化工集団(China National Chemical、Chem China)は2015年3月23日、イタリアのタイヤ大手Pirelli(ピレリ)の株式を26.2%取得すると発表した。

 今回のピレリ株買収は、中国化工集団の100%子会社でタイヤを手掛ける中国化工橡膠(China National Tire & Rubber、CNRC)が、ピレリの持ち株会社であるCamfin(カムフィン)から取得することになる。買収金額は1株当たり15ユーロで、総額で約18億ユーロ(約2352億円)に達するという。これと併せて、他の株主に対するピレリ株の公開買い付けも進める。買収金額は1株当たり15ユーロで、カムフィンと同額。公開買い付けでは、カムフィンから買収する26.2%に加えて、さらに少なくとも30%以上のピレリ株の買収を目指すとしている。2015年夏までに株式買収を終えたい考え。

 今回の買収契約では、ピレリグループの現在のマネジメント構造を継続すること、ピレリの会長職はCNRCが指名し、CEOには現在会長兼CEOを務めるMarco Tronchetti Provera氏がとどまることが明記されている。また、ピレリの本社拠点や研究開発拠点と、保有する知的財産もイタリア国内にとどまるという。

 ブリヂストンの調査によると、ピレリの2013年の世界タイヤ市場におけるシェアは4.3%で、ブリヂストン、ミシュラン、グッドイヤー、コンチネンタルに次ぐ第5位。140年以上の歴史を持つ老舗のタイヤメーカーであり、160以上の国と地域で販売網を持つ。年間売上高は60億ユーロ(約7840億円)を越える。一方のCNRCは、中国国内におけるラジアルタイヤやオフロードタイヤ製造のリーダー企業であり、ブレーキホースやコンベアベルトでは中国でトップだ。

 今回の買収により、ピレリの開発計画を強化するとともに中国を中心に世界全体の販売網の拡充を進める。また、大型商用車や建機など向けの産業用タイヤ事業については、ピレリの資産をCNRCとCNRC傘下の風神輪胎(Fengshen Tires)に統合する。これによって、事業規模は年間600万本から1200万本に倍増させられるという。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.