ニュース
» 2015年03月25日 07時00分 UPDATE

FAニュース:最大4点の電流入力に対応した高精度電力測定器を発売

横河メータ&インスツルメンツは、電力基本確度±0.04%の高精度電力測定器、プレシジョンパワーアナライザ「WT3000E」を発売した。太陽光で発電された直流電力やインバータの直流入力・交流出力などをより正確に測定できる。

[MONOist]

 横河メータ&インスツルメンツは2015年3月10日、電力基本確度±0.04%の高精度電力測定器、プレシジョンパワーアナライザの新製品「WT3000E」を発売した。同製品は同社従来製品「WT3000」の測定精度をさらに向上させたもの。従来製品の電力基本確度は±0.06%だった。WT3000Eでは太陽光で発電された直流電力やインバータの直流入力・交流出力などをより正確に測定できるとしている。

 最大4点までの電流入力が可能で、電流を入力する端子は、30Aエレメント(測定レンジ0.5〜30A)と2Aエレメント(測定レンジ5mA〜2A)の2種類から選択できる。また、従来は同じ種類の入力エレメントを選択する必要があったが、WT3000Eでは2種類を混在して選択可能で、幅広いレンジを1台で測定できる。

 主な市場は、家電・OA機器・産業用機器などのメーカー、電気自動車・燃料電池自動車メーカーとその電池・充電器関連機器メーカー、太陽光発電・風力発電など再生可能エネルギー関連機器メーカーなど。これらの市場において、製品の開発・品質管理・生産ラインにおける消費電力の測定・評価に対応するという。

photo プレシジョンパワーアナライザ WT3000E

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.