ニュース
» 2015年03月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:電線対基板用コネクタのラインアップを拡充、低背で高電流に対応

日本モレックスは、電線対基板用コネクタ「Pico-Lock」シリーズに、1.00mm製品を追加した。独自のサイドポジティブロック機構により、1.50mmの低背サイズと信頼性の高いロック機能を可能にした。

[MONOist]

 日本モレックスは2015年3月9日、電線対基板用コネクタ「Pico-Lock」シリーズに、「1.00mmピッチPico-Lock電線対基板用コネクタ」を追加したと発表した。従来の1.50mmピッチ製品より、さらに狭ピッチとなる。

 今回発売されたコネクタは、圧着端子(503765)、圧着ハウジング(503764)、ライトアングルヘッダー(503763)で構成される。最大定格電流は1.5Aで、電線寸法はAWG28〜30に対応し、2極と4極の製品が利用できる。また、同社独自のサイドポジティブロック機構により、1.50mmの低背サイズと信頼性の高いロック機能を実現した。

 さらにPico-Lockは、ハウジングに設けたガイドリブにより、正しい極性での嵌合が容易で、誤嵌合を防ぐことができる。ハウジング全体をカバーする幅広のはんだタブも備え、確実な基板保持と安定性の高い挿抜を可能にしたとしている。

 主な用途は、スマートメーターやFA、電源供給、監視・セキュリティなどの商業および産業用途、コンピュータ用途、自動車用途、ネットワーク・通信用途など。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

電線 | モレックス | FAニュース | はんだ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.