ニュース
» 2015年03月29日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:アラブ首長国連邦における大径溶接鋼管合弁事業に合意

JFE・MISI・SENAATは、エネルギー産業向けの大径溶接鋼管の製造・販売を行う合弁会社をUAEに設立することに合意した。高品質な鋼管を現地で生産・販売することで、同地域のエネルギー産業の需要に対応するという。

[MONOist]

 JFEスチール(以下、JFE)は2015年3月4日、伊藤忠丸紅鉄鋼(以下、MISI)およびアブダビ首長国のGeneral Holding Corporation PJSC/SENAAT(以下、SENAAT)と、エネルギー産業向けの大径溶接鋼管の製造・販売を行う合弁会社設立に合意したと発表した。2015年4月に設立し、2018年10月に生産を開始する予定。

 UAEを含む周辺6カ国で構成されるGCC諸国は、原油・天然ガスの採掘コスト競争力と埋蔵量で、世界トップクラスの地域となる。同地域では、今後も原油・天然ガスの開発・生産で輸送に必要とされる、パイプライン用の鋼管の安定的な需要が見込まれるという。

 今回3社は、UAEのアブダビ首長国に新会社を設立することを決定。JFEの高級大径溶接鋼管製造の技術力と、MISIの販売力、SENAATのアブダビにおけるプレゼンスを生かし、高品質な鋼管を現地で生産・販売することで、同地域のエネルギー産業の需要に対応するという。

 新会社への総投資額は約300百万米ドルで、SENAATが51%、JFEスチールが27%、MISIが22%出資する。主な製造品種は、原油・天然ガス輸送用のパイプライン用大径溶接鋼管で、生産能力は約24万t、従業員数は約370人になる予定だ。

photo 地図
photo 建設予定地

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.