ニュース
» 2015年03月29日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:血管撮影システムの新シリーズを発売、被ばく量低減に期待

シーメンス・ジャパンは、新インターベンションシステム「Artis zee PURE」シリーズを発売した。高解像度の3D画像を提供するコーンビームCT技術などにより、画質の向上と造影剤量・被ばく量の低減が期待されるという。

[MONOist]

 シーメンス・ジャパンは2015年3月10日、血管撮影装置「Artis zee」シリーズの後継となる、新インターベンションシステム「Artis zee PURE」シリーズを同月より販売開始したと発表した。

 Artis zee PUREシリーズは、次世代のイメージングチェーンを搭載したことで、画質の向上と被ばく量を低減した。インタフェースには、新設計の「Heads Up Display」を採用し、テーブルサイドに設置されたジョイスティックの操作画面を検査室内モニタに統合できる。これにより術者は、手技と被検者の状態に集中できるという。

 3D撮影をアシストする「3D Wizard」では、3D撮影の処理結果を選択すると、最適な造影や撮影条件などの情報を操作画面上に順次表示。その指示に従って操作することで、習熟度にかかわらず臨床価値の高いアプリケーションを活用できる。

 また、「syngo 2D/3D Fusion」機能により、他システムの3D画像とCアームによる2方向のX線透視画像のみの重ね合わせを可能にした。Cアームのワーキングアングルを素早く決定できるため、従来のフュージョンと比べ、被ばく量を90%以上低減できるという。

 さらに、高解像度の3D画像を提供するコーンビームCT技術や鮮明なDSAロードマップを作成するCLEAR技術、DSA撮影回数を抑制する4Dイメージング技術を採用。これらの技術により、画質の向上と造影剤量・被ばく量の低減が期待されるとしている。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.