ニュース
» 2015年03月31日 07時00分 UPDATE

FAニュース:FAレンズに焦点距離25mm/35mmを追加、1型9メガピクセルまで対応

リコーインダストリアルソリューションズは、画像処理用手動絞りレンズに焦点距離25mm/35mmの2機種を追加した。画角が広いため、精密加工品から容器全体の外観・異物検査などに対応する。

[MONOist]

 リコーインダストリアルソリューションズは2015年3月12日、画像処理用手動絞りレンズ「RICOH FL」シリーズに、焦点距離25mm/35mmの2機種を追加すると発表した。発売は2015年4月下旬の予定。

 RICOH FLシリーズは、画素ピッチ3.69μmの1型・9メガピクセルまでの産業用カメラに対応した画像処理用手動絞りレンズ。これまで焦点距離50mmと75mmがあったが、今回新たに25mmと35mmを追加した。

 新機種は、従来製品と同様に、9メガピクセルという高解像度ながら外径φ42mmの小型設計になっている。また、画像計測・認識で問題となるディストーション(歪曲収差)は、TVディストーション値で0.1%未満に抑え、ゆがみを低減。中心から周辺部まで135(lp/mm)の高分解能で、周辺部までコントラストの高い鮮明でシャープな画像が得られるという。フォーカシングにはフローティング機構を採用し、無限遠から至近距離までの全域で収差を低減した。

 さらに、画角が広いため、精密加工品から容器全体の外観・異物検査など、さまざまな対象物に対応するとしている。

 対応画素数は、いずれも400万/600万/900万画素で、最大口径比は1:1.8となる。価格はオープン。

photo FL-BC2518-9M

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.