ニュース
» 2015年03月31日 12時00分 UPDATE

メカ設計 メルマガ 編集後記:餅は餅屋か

メカ設計者は射出成形のことをどこまで理解すべきか。

[小林由美,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年3月31日発行の「メカ設計メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


餅は餅屋か

 ここ数年で「3Dプリンタ」が流行したことで、射出成形があらためて注目されているように思います。以前の記事で「3Dプリンタがあれば金型が不要になる」という誤解をしている人がいるようだ、ということを取り上げたことがありました。その記事でも書きましたが、当然従来の金型の役割の一部を3Dプリンタが担うということはあっても、金型ではないと作れない形状・採用できない材料などがあり、むしろ適材適所で共存していくと考えるのが現実的です(関連記事:3Dプリンタと3つの誤解)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.