ニュース
» 2015年04月01日 13時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:ボードなしでも組み込みソフト開発、ブライセンがシミュレータ

ブライセンがVisual Studio環境で動作する評価ボードシミュレータを提供する。「AKI-H8/3052F」などをターゲットとし、実機やICEのない環境でもコーディングやデバッグが可能となる。

[渡邊宏,MONOist]

 ブライセンは2015年4月1日、Visual Studio環境で組み込みソフトウェアのコーディングやデバッグなどを行える評価ボードシミュレータ「AKI-H8/3052Fシミュレータ」を近日中に提供開始すると発表した。

 このシミュレータはH8搭載のマイコンボード「AKI-H8/3052F」などをターゲットとし、Visual Studio上で評価ボードのハードウェアをシミュレートできる。実機やICEのない環境でもコーディングやデバッグが可能となるため、開発効率の向上を期待できる。

 動作環境はOSがWindows 7以降、 Visual StudioがExpress以上。ターゲットとなるボードについては今後も追加される予定だ。

photophoto 「AKI-H8/3052Fシミュレータ」の画面イメージと評価ボード「AKI-H8/3052F」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.