ニュース
» 2015年04月02日 10時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:顔も料理も風景も、スマホ写真を自動分類するクラウドサービス

NECが顔認識や画像認識の技術を組み合わることで、人物や料理、風景などを自動分類するクラウドサービスを提供する。

[渡邊宏,MONOist]

 NECは2015年4月1日、顔認識や画像認識の技術を組み合わることで、人物や料理、風景などを自動分類するクラウドサービスを同年9月より提供開始すると発表した。

 本サービスは同社顔検出・照合エンジン「NeoFace」と、画像認識サービス「GAZIRU」を組み合わせたもので、クラウド上にアップロードされた写真データを人物や風景、料理などに分類した後、人物であれば登録した個人、料理であればメニューなどこまかな分類を行う。人物についてはNeoFaceが検出と照合、その他についてはGAZIRUが分類を行う。

photo NECの提供する自動分類クラウドサービスの流れ(出展:NEC)
photo スマートフォンアプリでの利用イメージ(出展:NEC)

 本サービスの利用例としては、スマートフォン・タブレットの写真管理アプリの付加機能として活用するほか、料理写真の分類機能を利用した飲食店のネット検索サービスや、花の種類分別による観光案内などが想定される。

 本サービスの価格は月額600万円(税別)からで、同社では本サービスをSNSやオンラインフォトサービス事業者向けに販売し、2017年度までに300万ユーザーの獲得を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.