ニュース
» 2015年04月03日 14時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:川崎重工とシスメックス、手術支援ロボットを本格開発

川崎重工業とシスメックスの合弁会社であるメディカロイドが、医療用ロボットの本格開発に着手する。手術支援ロボットを2019年度に販売開始する計画だ。

[渡邊宏,MONOist]

 川崎重工業とシスメックスの合弁会社であるメディカロイドが、医療用ロボットの本格開発に着手する。両者が共同で25億円の追加出資をメディカロイドに行い、開発設計から製造販売、アフターサービスまでの体制を構築する。

 メディカロイドは産業用ロボットをベースに医療用としたロボット(アプライドロボット)と手術支援を目的とするロボットを開発し、製品化に際しては医療機関や専門技術を持つ企業、関連所轄行政との連携を強化するオープンプラットフォームを構築する。

 アプライドロボットを2016年度、手術支援ロボットを2019年度に販売開始する計画で、2030年度の売上高1000億円を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.