ニュース
» 2015年04月03日 17時00分 UPDATE

「メメタァ」なカエルも作れる!?:柔軟性のある造形が可能な3Dプリンタ用フィラメント

三菱化学メディアは、従来のABS樹脂/PLA樹脂素材とは異なる柔軟性のある造形が可能な3Dプリンタ用フィラメントの新製品「プリマロイフィラメント」を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 三菱化学メディアは2015年4月2日、従来のABS樹脂/PLA樹脂素材とは異なる柔軟性のある造形が可能な3Dプリンタ用フィラメントの新製品「プリマロイフィラメント」を発売すると発表した。

 同製品は、親会社である三菱化学が開発・製造したポリエステル系熱可塑性エラストマー「プリマロイ」を用いた、材料押出方式対応の3Dプリンタ用フィラメント。ラバー素材のようなしなやかさが特長で、耐油性、耐熱性、耐候性、印刷塗装適正に優れている。

 三菱化学メディアは、同製品を「Verbatim」ブランドの3Dプリンタ用フィラメント製品のラインアップに加え、同年4月中旬より販売を開始する。色はホワイトで、フィラメント径は1.75mm、重量500gで、価格はオープン。

新製品「プリマロイフィラメント」 新製品「プリマロイフィラメント」(※出典:三菱化学メディア)

 今後も同社は、汎用性樹脂フィラメントから独創的な特長を持った機能性樹脂まで、三菱ケミカルホールディングスグループの知見を生かした高品質3Dプリンタ用フィラメントを展開していく予定だという。

造形サンプル 造形サンプル。一部、エナメル系塗料で塗装済み(※出典:三菱化学メディア)

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.