ニュース
» 2015年04月04日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:シリコーン事業で海外生産能力および開発体制を強化、需要拡大に対応

信越化学工業は、タイ工場の生産能力増強と、米国ニュージャージー州へのテクニカルセンター新設を発表した。主力事業の1つであるシリコーン事業において、海外生産および開発体制を強化する狙い。

[MONOist]

 信越化学工業は2015年3月12日、タイ工場の生産能力を増強し、同時に米国ニュージャージー州にテクニカルセンターを新設すると発表した。主力事業の1つであるシリコーン事業において、海外生産および開発体制を強化する狙い。

 同社のシリコーン事業は、国内で50%を超えるシェアを持つ。海外では、アジア、米国、欧州に生産拠点を持つが、特に米国および新興国では、今後もシリコーンの需要拡大が期待されるという。

 今回工場を増設するタイでは、2001年にGeneral Electric Companyとの合弁会社「Asia Silicones Monomer」を設立し、シリコーンモノマーの生産を開始。2013年には完全子会社化し、さらに隣接地で最終製品のシリコーンポリマーの生産も開始した。

 シリコーンモノマーの生産能力は、今回の増設により、現在の年産7万tから10万5000tへ、シリコーンポリマーは年産5万4000tから7万4000tへ増加するという。工事は2017年に完了予定で、投資金額は約200億円を見込む。

 また米国では、現在テキサス州とオハイオ州の工場でシリコーンポリマーを生産。これらの生産拠点に加え、新規製品と用途開発のため、新たにテクニカルセンターをニュージャージー州に設置することを決定した。センターの事業は、日本国内のシリコーン電子材料技術研究所(群馬県安中市)と連携して取り組むとしている。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.