ニュース
» 2015年04月05日 07時00分 UPDATE

FAニュース:毎分20m以上の高能率加工が可能な切削用正面削りカッター

三菱マテリアルは、高能率仕上げ切削用正面削りカッター「FMAX」を発売した。カッターボディにアルミ合金と特殊スチール合金を組み合わせることで、軽量化と高剛性を可能にした。

[MONOist]

 三菱マテリアルは2015年3月16日、高能率仕上げ切削用正面削りカッター「FMAX」を発売した。

 FMAXは、工具径125mm・24枚刃で、従来品以上の多刃設計を採用。アルミ合金などの非鉄金属をテーブル送り速度毎分20m以上で加工できる。また、インサートのすくい面上のボディプロテクタと内部クーラント効果により、切りくずを最適に排出し、カッターボディ表面の擦過損傷を抑制できる。

 さらに、カッターボディにアルミ合金と特殊スチール合金を組み合わせることで、軽量化と高剛性をかなえた。高速回転にも対応し、ダブテイル拘束(逆テーパ溝形状)構造で遠心力方向へのインサートの飛び出しを防止できる。

 インサートの最大再研磨量は、切れ刃正面側・外周側とも0.6mmで、使用状態に適した再研磨に対応できる。インサートの振れ精度調整機能により、高精度なセッティングも容易にできるという。

 カッターボディの標準価格は、17万2000円〜41万3000円となる。

photo 切削用正面削りカッタ「FMAX」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.