ニュース
» 2015年04月06日 13時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:全固体電池採用製品を投入か、ダイソンが米ベンチャーに1500万ドルを投資

英国ダイソンは、全固体電池の開発に取り組む米国のベンチャー企業Sakti3に1500万ドル(約18億円)の投資を行うことを発表した。

[三島一孝,MONOist]

 英国ダイソンは2015年4月6日、全固体電池の開発に取り組む米国のベンチャー企業Sakti3に1500万ドル(約18億円)の投資を行うことを発表した。この投資における契約には、将来のダイソン製品にSakti3の全固体電池テクノロジーを製品化し、搭載するための共同開発についても含まれているという。

 現在のリチウムイオン(Li-ion)技術は、1991年にソニーが世界で初めて商品化。多くの電子機器に利用されるようになっている。しかし、現行のリチウムイオン電池には、サイズ、重量、充電時間、容量、寿命に技術的な限界が見えつつあるという。

 全固体電池技術は、USBフラッシュドライブやマイクロチップなどに採用されている。従来の電池と同様、リチウムイオン技術を採用しているが、電解液ではなく固体リチウムの電解質を用いていることが特徴だ。固体電解質はより多くのエネルギーをバッテリーセルに蓄えることを可能にするとされている。

 Sakti3は、2006年に自動車のバッテリー効率を向上させるため、数理最適化スキームの研究を開始。その研究過程で、従来のリチウムイオン電池の電解液の代わりに、固体電解質を用いる全固体電池を使用した全固体電池を開発した。その後、コスラベンチャーズ、ベリンジア、伊藤忠商事、ゼネラルモーターズ(GM)、ダイソンから5000万ドル(約60億円)以上の株式投資を得て全固体電池を製造するパイロットラインを構築し、開発に取り組んでいるという。

 Sakti3はミシガン大学発のベンチャー企業で、バッテリー技術に関する論文を80件以上発表している。プロトタイプとしては、Sakti3の開発した全固体電池は、バッテリー密度で1100Wh/l以上を実現したとしている。現在は、さらに製造コストの削減、小型化、安全性と信頼性の向上、寿命の長期化実現に向けた取り組みを進めている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.