ニュース
» 2015年04月07日 12時00分 UPDATE

製造マネジメント メルマガ 編集後記:ピケティ理論の逆をいく製造業強化の動き

製造業と政府の関係はリーマンショック以降大きく変化している。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年3月24日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


ピケティ理論の逆をいく製造業強化の動き

 そろそろひと段落しつつありますが、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の著書「21世紀の資本」が大きなブームを巻き起こしました。ピケティ氏の著書では、各国の税収データを可能な限り取り込み、いわゆるビックデータ解析を施して、そこから読み解けるものを探るということを行いました。その結果、行き着いたのが「r(資本収益率)>g(経済成長率)」です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.