ニュース
» 2015年04月08日 13時00分 UPDATE

3次元ツールニュース:3Dモデルデータの利活用の幅を広げる「3D PDFドキュメント制作サービス」

キヤノンITソリューションズは、3次元CADなどで作成した3Dモデルデータから3D PDFドキュメントを制作する受託型サービスの提供を開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 キヤノンITソリューションズは2015年4月7日、3次元CADなどで作成した3Dモデルデータから3D PDFドキュメントを制作する受託型サービスの提供を開始したと発表した。

 一般的に、製造現場における3Dモデルデータは、設計・製造部門内での利用にとどまり、3次元CADを持たないサポート部門や商品企画部門などで活用されにくい状況にあった。そのため、サービスマニュアルや商品カタログの制作の際、サポート部門や商品企画部門が、他のグラフィックスソフトを用いて新たに画像を作り直さなければならないという課題を抱えたいた。

 同サービスは、3次元CADソフトなどで作成した3Dモデルデータを基に、Adobe Reader上でインタラクティブに操作・再生可能なPDFドキュメントを作成する受託型サービス。同社は、顧客から3Dモデルデータを預かり、3D PDFドキュメントへのコンバートやアニメーションの付加などの制作作業を行う。同サービスのモデル価格は、A4サイズ1シートで8万円からとなり、3Dモデルデータの容量、種類、付加させるアニメーションの有無などによって変動する。

 ユーザーは同サービスを活用することで、Adobe Reader上で3Dモデルデータを任意の角度で閲覧したり、アニメーションの付加された3Dモデルデータを確認したりすることができる。また、ベースとなる3Dモデルデータよりも3D PDFドキュメントはデータ容量が小さくて済むため、さまざまなシーンでの3Dモデルデータの活用が見込めるという。

3D PDFドキュメント活用イメージ 3D PDFドキュメント活用イメージ(※出典:キヤノンITソリューションズ)

 今後同社は、さらにサービスを拡充し、付帯するクラウドサービスやBPRコンサルティングサービスを行うことで、3D PDFドキュメントの制作および関連サービスで、3年後に3億円の売上げを目指すとしている。

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.