ニュース
» 2015年04月08日 15時00分 UPDATE

メイカーズの祭典:「Maker Faire Tokyo 2015」出展者・協賛企業の募集開始!

オライリー・ジャパンは、「Maker Faire Tokyo 2015」(開催期間:2015年8月1〜2日)の公式Webサイトをオープンし、出展者・協賛企業の募集を開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 オライリー・ジャパンは2015年4月8日、「Maker Faire Tokyo 2015(略称:MFT2015)」の公式Webサイトをオープンし、出展者・協賛企業の募集を開始したことを発表した。

 Maker Faire Tokyo 2015の開催期間は、同年8月1〜2日の2日間。会場は前回と同じく東京ビッグサイトで開催される。8月1日の開場時間は12〜19時で、2日目は10〜18時を予定。チケットの販売はプレイガイドにて5月上旬より開始される(関連記事:「Maker Faire Tokyo 2015」は夏休みシーズンに開催!!)。

 2014年11月に開催された前回の「Maker Faire Tokyo 2014」では、出展者300組、来場者1万3000人であったが、今回は夏休み期間での開催になるため、遠方からの見学者や親子連れなど、より多くの来場者が見込まれる。Maker Faire Tokyo 2015の出展者数は350組を予定。これにあわせ、Maker Faire Tokyo 2015では、西4ホール(+屋上展示場)を使い、前回の約1.4倍の会場規模になる予定だという。

前回の様子 「Maker Faire Tokyo 2014」(2014年11月23〜24日、東京ビッグサイト)の様子

 出展の申し込みは公式Webサイトの「出展申し込みフォーム」から行う。出展申し込みの締め切りは2015年5月8日13時までで、選考結果(出展可否)の連絡が5月29日までに届く予定。出展費用(税込み)は、個人(個人事業主含む)、教育機関、コミュニティーで物販を行わない「Maker」区分だと無料、物販を行う「Commercial Maker」区分だと1テーブル当たり2万1600円(テーブル追加は1万800円)、企業名義での出展は「企業出展」区分(物販可)となり、1テーブル当たり10万8000円(テーブル追加は5万4000円)となる。

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.