ニュース
» 2015年04月09日 06時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:インテル、IoTデバイス向け「Atom x3」製品ラインアップを拡大

米インテルは開発者会議「IDF」で、通信機能などを統合したSoC「Atom x3」の製品ラインアップ拡大を発表した。サポート期間も延長され、組み込み機器やIoTデバイスへの搭載を狙う。

[渡邊宏,MONOist]

 米インテルは2015年4月8日(現地時間)、中国 深セン(土ヘンに川)にて開催中の開発者会議「IDF」(Intel Developer Forum)で、IoTデバイスへの搭載を狙う「Atom x3」の製品ラインアップ拡大を発表した。

 Atom X3は「SoFIA」のコードネームで呼ばれていた3G/LTEモデムやグラフィックチップなどを統合したプロセッサで、現在は3G対応版「Atom x3-C3130」「Atom x3-C3230RK」、LTE対応版「Atom x3-C3440」が発表されている。

 新たに投入される製品は、稼働温度帯域の拡大や対応OSの増加(Android、Linuxへの対応)が行われる他、製品ライフサイクルのサポートが7年に延長される。

 Atom X3はスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress」の会場で発表されたことからも分かるよう、スマートフォンやタブレットへの搭載を意図したものだが、予告された新製品は稼働温度帯域や7年のサポート期間などの特徴から、組み込み機器、特にIoTデバイスへの搭載を狙うと目される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.